中村康紀 (テノール、リュート、ギター)

中学2年の夏、布袋寅泰のギターに憧れお茶の水へエレキギターを買いに行ったことで本格的に音楽人生が始まりました。

高校時代は※マドリガーレに触れることで、多声音楽にはまりアンサンブルグループを結成しました。

現在は、有名なものから埋もれているマドリガーレまで、様々なマドリガーレを中心に研究しています。

趣味はキャンプに行って虫や動物を探すことです。

なかでも、小鳥のアンサンブルが好きです。小鳥の声を聴くとグループ結成時のフレッシュな仲間たちの顔を思い出します。

※マドリガーレはイタリア語の詩による16世紀頃の世俗の多声声楽曲

埼玉大学教育学部小学校教員養成課程音楽専修卒業、その後声楽を志す。東京芸術大学音楽学部声楽科卒業。声楽を野口幸子、田代誠、市原多朗、酒井伊吹子各氏に、バロック声楽を辻康介氏に師事。

高校卒業時よりアンサンブル、ルネサンス音楽に傾倒、Choeur Clément(クール・クレマン)を結成。各地で演奏活動をする。Sestetto Vocale、モンテヴェルディ倶楽部メンバー、Concerto Sotto l'Albero(コンチェルト・ソット・ラルベロ)代表。

演奏の傍ら、イタリア詩の翻訳をはじめオペラのリブレットの全訳、字幕作成等も行う。

音楽団体 incontro

声楽家・古楽器演奏家をはじめとした音楽家による演奏団体です。

0コメント

  • 1000 / 1000