阿部大輔 (バス、尺八)

小学生の頃、祖父の吹いていた尺八で遊び始め、たまたま祖父の見ていたオペラに興味を持ちボーイソプラノとして合唱団に参加したりしていました。

今ではすっかり声も低くなり、バスとして16世紀のマドリガーレを歌ったり、虚無僧尺八を吹いたりしています。

趣味はムエタイ、タイ料理、四川料理、カレー、クラフトビールです。猫と暮らしています。

神奈川県横浜市出身。
祖父、阿部勇吉より尺八の手ほどきを受け、同時にボーイソプラノとして歌い始める。
横浜国立大学教育人間科学部 地球環境課程、
NHK邦楽技能者育成会第51期卒業。
尺八を眞玉和司、声楽を成田 博之に師事。
尺八では古典本曲や現代の音楽を主に、声楽では、ドイツ、イタリア、イギリスのルネサンス、バロック期の音楽を中心に演奏している。
和楽器のオーケストラ「むつのを」、邦楽創造集団「オーラJ」、合唱団「Vocal Consort Tokyo」、イタリアバロックを専門とする室内合唱団 「EX NOVO」、ソルミゼーション(中世の移動ド)を使う声楽家6人によるマドリガーレアンサンブル「SESTETTO VOCALE」等で活動。

音楽団体 incontro

声楽家・古楽器演奏家をはじめとした音楽家による演奏団体です。

0コメント

  • 1000 / 1000